音楽を楽しむ様々な知識集


ギターはリュート属の弦楽器です。ギターはその歴史の中で多くの変化を遂げ、また多くの技法や優れた演奏家、美しい曲を生み出してきました。
★─☆。o゚。★─☆

音楽を楽しむ様々な知識集
ギター 歴史
ギターの歴史

★─☆。o゚。★─☆

ギターはリュート属の弦楽器です。ギターはその歴史の中で多くの変化を遂げ、また多くの技法や優れた演奏家、美しい曲を生み出してきました。

歴史は大変古く、その起源は紀元前2500年頃、古代エジプトやメソポタミア文明にまで遡ります。この頃の遺物には、ギターを思わせる弦楽器も見られます。

ギターはヨーロッパにおいて発達しました。ギターの原型となった弦楽器がヨーロッパにもたらされたのは中世のこと。この弦楽器の起源はアラビア、もしくはササン朝ペルシアとも言われ、スペインを経由して伝わったようです。

この弦楽器から派生したものとしては、「リュート」「ビウエラ」「ギターラ」があります。そのうちリュートはその後ルネサンス期からバロック末期にかけてヨーロッパで大変流行しました。リュートとビウエラはその後徐々に歴史から姿を消しましたが、ギターラはスペインに定着し、今日のクラシックギターの原型となりました。

今日のギターに近い形のものが歴史上に登場するのは16世紀に入ってからのこと。形がより今日のギターに近づき、義甲も使わないようになりました。さらに 18世紀になると、従来の複弦から単弦となり、弦の数も6本と、ほぼ現代のギターと同じ形になったのです。


★─☆。o゚。★─☆

ギター 歴史MENU

★─☆。o゚。★─☆

友達に教える

©音楽を楽しむ様々な知識集