音楽を楽しむ様々な知識集


ギターは撥弦楽器で、大きく分けて、主に「ネック」と「ボディ」の2つのパーツに分かれています。ギターの演奏の際は、指でネックの「コード」を押さえて音程を調整し、ボディの弦をはじいてボディで増幅させて音を出します。
★─☆。o゚。★─☆

音楽を楽しむ様々な知識集
ギター コード
ギターコード

★─☆。o゚。★─☆

ギターは撥弦楽器で、大きく分けて、主に「ネック」と「ボディ」の2つのパーツに分かれています。ギターの演奏の際は、指でネックの「コード」を押さえて音程を調整し、ボディの弦をはじいてボディで増幅させて音を出します。

コード(chord)とは「和音」の意味。和音ですから、当然コードの押さえ方はデタラメでいいわけはなく、コードの種類はちゃんと決まっています。

ギターのコード表は、現代ではネットで見ることができる時代になりました。とはいえ、いきなりコード表のコードのすべてを覚える必要はありません。よく使うコードはだいたい決まっていますから、こうしたコードから優先的に覚えてゆけばいいでしょう。

初心者に最初に覚えてほしいコードとしては、「Em」「Am」「Dm」「C」「G」「A」「D」、そして「F」。「F」はバレーコード(人差し指一本で 5〜6本の弦を押さえるコード)の中でも特に難易度が高いですが、最初はFがない曲を選んだり、「F省略フォーム」「代理コード」といったものを使ってしのいだりしながら弾いてみて、ギターの楽しさを覚えた頃に挑戦してみるといいでしょう。


★─☆。o゚。★─☆

ギター コードMENU

★─☆。o゚。★─☆

友達に教える

©音楽を楽しむ様々な知識集