音楽を楽しむ様々な知識集


ピアノ調律師になるためには、かつてはピアノ工場などに就職して、上司や先輩に習うなどしてピアノ調律師としての腕を磨いたものでした。しかし現在では、ピアノ調律師になるためには、ピアノ調律の専門学校に行くことが一般的になっています。
★─☆。o゚。★─☆

音楽を楽しむ様々な知識集
ピアノ調律 専門学校
ピアノ調律の専門学校

★─☆。o゚。★─☆

ピアノ調律師になるためには、かつてはピアノ工場などに就職して、上司や先輩に習うなどしてピアノ調律師としての腕を磨いたものでした。しかし現在では、ピアノ調律師になるためには、ピアノ調律の専門学校に行くことが一般的になっています。

専門学校では、ピアノ調律の学習・実習を中心にカリキュラムが組まれており、この専門学校を卒業することで、ピアノ調律師に必要な技術を身に付けることができます。

とはいえ、ピアノ調律の専門学校を卒業したからといって、すぐにピアノ調律師として独立できるわけではありません。ピアノ調律師として一人前になるには、 10年前後かかると言われています。よって、専門学校卒業後は、楽器メーカーやピアノ調律事務所などに技術者やピアノ調律師として就職するのが一般的なコースとなっています。


★─☆。o゚。★─☆

ピアノ調律 専門学校MENU

★─☆。o゚。★─☆

友達に教える

©音楽を楽しむ様々な知識集